産院退院後のおっぱいヘルプ

産後に特化した一宮市地域助産師×産後セルフケアインストラクターの今川涼子(プロフィールはこちら)です。

クローバー助産師がうかがいます一宮市内(近隣市)

1対1のトークケアの予約もこちらからしていただけます。

友だち追加

トークからメッセージください。

出産してみてびっくり! こんなに胸がいたくなるの?

…ですよね><

みなさん口をそろえて「知らなかった!なぜ誰も教えてくれなかったの」とおっしゃいます。

出産の後、乳腺が急激に変化をして、おっぱいを出す仕様に変化していく過程で、血液やリンパが乳房に集中してくるので一時的にかたーく張ってしまいます。

これは、正常な過程。

その時に、乳首がつっぱって、引き伸ばされて、凸がなくなる(!)ので、まだまだ母子ともに授乳初心者マークで奮闘している状態で一番吸いにくい形状となります。。

これが乳汁生成2期といって産後6日目くらいまでの時期なので、ちょうど退院の頃ですよね。

まだまだガチガチのうまく吸えない~~という状態で退院となる方が多いのです。

今回もそんなケースで、緊満といってぱっつんぱっつんな岩のような状態でのヘルプ。

初日は、赤ちゃんのベロがうまくキャッチするのもままならなかったのが、まずは乳房のケアで赤ちゃんの口に含まれるとこを柔らかくし段階的に進めていくのでケア2日目にして上手に吸ってくれるようになりました!

この時期は母乳の確立にとくに大切。

吸っているようで、うまく飲みとれていないフェイク飲み(結局吸い方が浅いということなんですが)だったり、乳首が固すぎて赤ちゃんが泣いちゃってそもそも吸ってくれない‥という事も起こりやすい時期。

そんな時に、ケアや授乳指導など介入して

ぐいぐい吸ってくれた時のうれしいさったらね!!

そのお手伝いに毎日奮闘しているわけですが、

朝から3件いったらもう夕方ダウンしちゃうくらい、全身全力でお一人ずつ向き合っていきます。

それがまたすごい好きなお仕事です~。

写真クリックで詳細へ
出張範囲:愛知県一宮市と近隣市
写真クリックで詳細へ
対面教室7月~再開!!
産後のセルフケアオンライン4回コース
写真クリックで詳細へ
募集中★
一宮市市民活動団体・さんSUN♡すまいる主催
現在オンラインで行っています。

Forrow me!

Follow me!

この記事をシェアしたい!と思ったらポチリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です