【断乳エピソード】笑わなくなった!?

産後に特化した一宮市地域助産師×産後セルフケアインストラクターの今川涼子(プロフィールはこちら)です。

クローバー助産師がうかがいます一宮市内(近隣市)

1対1のトークケアの予約もこちらからしていただけます。

友だち追加

トークからメッセージください。

ひっさびさの一人時間。こうしてPCに向き合う時間がありがたいありがたい。

先ほど断乳ケアに行ってきまして、子供たちのお迎えまでのわずかな時間で‥断乳について

シェアしたいことを書いていきたいと思います!

お盆の休み中に思い立って断乳した方も多かったのではないでしょうか?

私のところにも、断乳ケアのご予約がありました。

本日も行ってきましたが、一度お子様の熱で断乳3日目にして再び授乳したという経過があり、今回再チャレンジの断乳。

前の断乳は、言い聞かせもせずにGO!したということで、「なんでくれないの!?」というお子様の怒りも相当だったようです。

そこで、母としては泣き叫んで欲しがる様子にかなり葛藤して心が揺さぶられますよね><

しかし、一度授乳に戻してからの今回の再チャレンジ。前回からのこともあり、もうおっぱいは終わりなんだと心づもりが出来ていたのでしょうね。

大泣きではなく、断乳後も欲しがるけれども、Tシャツをひっぱり甘えてくる様子で前回のギャン泣きからは大きな変化があったようです。

せっかく3日我慢させて泣かせてしまったのに、また授乳するのは子供にとってよくないかのか…なんて葛藤があったり授乳に戻したときに「あ~~やってしまった」なんてネガティブにととらえてしまう方もいるかもと思うんだけど、

私は、今回の件も授乳にいったん戻ったことが、受け入れるために良い方向にむかったのかと思うのです!

そこは、前向きにとらえて、あのまま終わらせるより、結果的に

母も子も心づもりが出来た状態での卒乳となってよかったんじゃないかと思います。てか、熱出したのも必然で単なる偶然ではない気すらしますね。(子供ってすげー!)

一方、こんな風に言ってる私ですが、長男の時の断乳は言い聞かせなしの、思い付き断乳でした…。

仕事フルで復帰して1か月。夜の授乳で何回も起きることも、夜泣きが続くのも本当につらくて、正月休みに「今日から断乳してやる!!」という勢いで踏み切ったような感じ…なのです。

メンタルは極限状態でした。2・3時間睡眠で週に5日日勤。

で、息子はなにも予告もないままいきなり「おっぱい、ないないよ~」と言われて納得できるわけありませんよね。

だけど、無知な私は3日たてば忘れるっていうからやるしかない!そんなことを思ってやってました。

無事に、自分で断乳ケアを行いつつ分泌は止まりましたが、目が合うだけで笑顔をまき散らしてくれる息子なのに、断乳直後笑わなくなったんです。

2日間くらいだったけれど、あれは本当に衝撃でした。って今もそのことを思い出すだけで泣きそうになります…

「3日で忘れる」ってね、そんな赤ちゃんを見くびったらいけませんよね。

忘れるんじゃなくて、いくら訴えてももらえないから「あきらめた」んですよね。

というのが、分かった時に。

子供の尊厳を無視したやり方をしたんだな~~という事に激しく後悔してます。

あんな小さくて無垢な子に「あきらめる」気持ちを与えてしまったんだ・・・と。

なので、私のこの後悔はただ自分を責めるのではなく、私がかかわる母たちに還元することで、昇華していきたいと思っていて、

お話し会したりケアの相談では方法を提案させていただいたりしてます。

あ、でも、そのおかげでなにか情緒的に不安定な子になったとか、母子の関係がおかしくなったとか全くないです。

今、小学校2年生で愛しいやんちゃ坊主です♡

写真クリックで詳細へ
出張範囲:愛知県一宮市と近隣市
写真クリックで詳細へ
対面教室7月~再開!!
産後のセルフケアオンライン4回コース
写真クリックで詳細へ
募集中★
一宮市市民活動団体・さんSUN♡すまいる主催
現在オンラインで行っています。

Forrow me!

Follow me!

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です