断乳きっかけにパパ拒否がつらい><

出産後の切れ目ない支援を目指す、一宮市の産後専門助産師の今川涼子です。

プロフィールはこちら! 出張母乳ケア詳細こちら

LINE友達登録すると、お話し会やイベント、バランスボールの教室の情報を受け取れ、訪問母乳ケアの依頼もトークから行えます。是非登録をお願いいたします^^

昨日は東陽住建助成の助産師無料相談でした。

卒乳の相談。

1歳10か月。

一度、断乳を試みたものの10日目に子供があまりに欲しがったのでまた再開したという経緯がありました。

食欲も旺盛で、好奇心ももりもり。私にもガンガン絡んでくれてかわいかった~~。

でも、まだたま~~に、おっぱいを飲みたくなるのです。

その頻度は1週間~10日に1度くらいだそう。

そのペースだったら断乳できそうって思っちゃいますけど(私も)彼にとっては大事なペースだったようです。

本当にいろいろな子がいます。

ずーーーっと言い聞かせしてきたのに…やめたときの断固たる意思表示。本当にはっきりしています。

それをいったん受け入れた母もいろんな葛藤があったと思いますが、よくぞ!!

そんな思いです。

でも、おっぱいを再開したこと以上に悩んでいることがありました。

ママっこに拍車がかかり、お父さんやだーー!状態が断乳のあの1件から続いているというのです。

断乳したら、パパのやっと出番!が増える♡という事を大いに期待していただけに大人のショックが大きいですよね。

特に、当のパパは辛い>< (うちの場合はこれでよく大の男が拗ねてました)

このままではパパが嫌われてしまう~~と焦って、そこの二人を引っ付けようとすればするほど、ママから離そうとすればするほど執着してしまうのかも。

この男の子にとって、ママが安全の基地でエネルギーをチャージする場所になっているので、チャージできないことには次の事にチャレンジできないのですよね。

こころのエネルギーをチャージしてこそ、離れて冒険しにいける、チャージしてこそ好奇心のまま遊べる!こういう少しずつの段階が必要なのかも。

エネルギー不足のまま、パパと遊んでね!というパパと仲良し作戦をのため

『パパと息子の仲良し大作戦』は二人で遊ぶ状況を無理に状況を作っても、きっとえげつなく拒否られて余計パパ凹んじゃう~

執着が強まったな~という時は、ちょっと注意深く見てあげて無理に話さずしっかりチャージしてあげてくださいね!よアドバイスさせていただきました。

でも、一度断乳拒否を聞き入れたことはまた次のステップにつながるのだと思います^^

Note記事で卒乳講座の内容がみれます。
写真クリックで詳細へ
対面教室7月~再開!!
産後のセルフケアオンライン4回コース
写真クリックで詳細へ
募集中★
写真クリックで詳細へ
出張範囲:愛知県一宮市と近隣市
一宮市市民活動団体・さんSUN♡すまいる主催
現在オンラインで行っています。

Forrow me!

Follow me!

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です