断乳・卒乳時期は人が何と言おうと自分で決める!

こんばんは

一宮地域助産師の今川涼子ですお月様

 

しばらくなかった肩こりが最近でてきました。

寒くなったからかな。

知らず知らずのうちに、前肩気味になっているみたい。

 

気づいたときには、肩のストレッチをして姿勢を意識してみる。

ほんと、姿勢1つですぐに老け込んでしまう。。。アラフォーの今川ですチュー

 

 

断乳・卒乳問題。

 

 

今日、おっぱいマッサージをしながら語ってきました。実際この母乳生活はどんなふうに終わりをむかえるのか・・・授乳中の母達は興味深々な話題ですよね。

 

でも。

本当に千差万別、正解はないんです。

 

お母さんと赤ちゃんの良いタイミングで。

お母さんの納得のいくタイミングで。

それが大事。

 

WHO(世界保健機関)は

”少なくても6か月間は母乳だけで児を育て、補完食を始めたのちも2歳かそれ以上まで母乳育児を続けること”

 

を勧めています。

 

長く続ける良い効果とは、

◆口腔機能がよくなる(母乳を吸うときは顎や口周りの筋肉をしっかり使うこと、鼻呼吸になることで感染症がおこりにくかったり、お口ぽかんを防ぎます。お口ぽかんは病気の元!)

◆母乳免疫で病気になりにくい

◆子どもが病気になった時も母乳で栄養がとれる

◆オキシトシン分泌で母のリラックス効果

◆とにかく吸ってる姿がかわいいラブ

 

などなど。

 

でも、おっぱいを辞めた人の中には

「ご飯をいっぱい食べてくれるようになった」

「母子ともに朝まで寝れるようになった」

 

などの声がある事も確か。

 

 

どちらにしても、利点と欠点はあると思っています。

「まだ、おっぱいのましてるの?」

はたまた、逆に「もうおっぱい辞めちゃったの?」

 

そんな外野の声は無視でよろしいッ!!

 

 

自分がどうしたいかです。

 

後悔してほしくない。

悔いのないおっぱいライフにするために、悩んでいたら相談してくださいねパイパイ

 

 

☆助産師訪問ケア -maapallo-☆
おっぱい相談、妊娠中の相談、赤ちゃんの相談
毎月第3火曜日ランチ会開催
地域助産師や妊婦さん、産後女性とランチを食べながら交流しませんか?  
妊娠中の方から赤ちゃん連れの産後の方、妊娠前の方でも気軽にどうぞ
 
メール⇒ryoko.i0505☆gmail.com
(☆を@に変えてください)
電話⇒09064625219 

Follow me!

この記事をシェアしたい!と思ったらポチリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です