産後のボロボロから立ち直るには、、、

こんにちはクローバー

一宮市地域助産師の今川涼子です。
産後って肩こりやおっぱいトラブル、骨盤の不安定感、尿漏れ、いろいろな不調が出やすい時期ですよね。
産んでサッパリと思いきや、、、
赤ちゃんのお世話で寝不足の日々、美しくて穏やかな母イメージとは違いボロボロになりますビックリマーク
みんなボロボロになると思っているけど綺麗にしてる人もいるか。芸能人とか⁈
でも安心してください!!
たいがいボロボロです(笑)
そこで、それらの不調をほっといたらますます体は辛くなり、体が辛くなると心がやられてしまうのです。
小さな赤ちゃんがいる身で、骨盤矯正いったりおっぱいマッサージいったりなんて、大変な上にお金がかかるゲッソリ

そして、それらは対処療法であって
根本解決にはならない。
結局通わなくなるとまた不調がでてくるので通い続けなければいけないんですよね汗
自分でセルフケアをたとえば、、、
肩が凝り凝りになる前に隙間時間で肩甲骨を動かすとか
お乳がつまらないように食事に気をつけたり水分とったりとか
骨盤を整える体操をするとか
そしておかしいな?と感じた時の早い対応を。
自分自信の体を知ってコントロールしていくことが産後ボロボロから脱出する鍵となるビックリマーク
そうそう
おっぱいのマッサージを、助産師がするって日本独特の文化なんですよ目
よその国ではおっぱいを他人がマッサージするなんてことは信じられないことらしいです。
そうはいっても
でも日本独特な文化。大切にしたい文化でもあります。
おっぱいマッサージってトラブル解消以外にも効果があるんですよねおねがい
マッサージをしはじめると
産婦さんの口からポロリポロリと
「上の子のことで、、」
「家に帰ってからが、、」
「聞きたかったんですけど、、」
不安を吐露しはじめる、
そしてディープな話に行き着くことがあります。
検温しにいって、「かわりないですか?」と回ってきても
(ちょっと聞きたいことがあるけど、、、)と思いつつ「変わりないですー」っていってしまう産婦さん多いと思いますショボーン
でもおっぱいをマッサージするときって、助産師は腰を下ろしているし、近い距離にいて心の鎧がとれていく感じ。
これはマッサージのもう一つの効果だと思いますー照れ
なんか、矛盾する二つのことをいって支離滅裂になってきましたが(汗)
セルフケアが産後のキーになる
異常がおきたら専門家へー
ということですねひらめき電球
今日はジメジメですね〜。とおもってたら雨があせるあせる
{23FC2626-F76E-4741-859F-E3111E61A3CB}

Follow me!

この記事をシェアしたい!と思ったらポチリ

産後のボロボロから立ち直るには、、、” に対して1件のコメントがあります。

  1. 今城絵梨香 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    よその国ではおっぱいを他人がマッサージするなんてことは信じられないこと!!そうなんですねm(_ _)m私もお世話になりましたが、知らなかったです。

  2. 助産師ryoko より:

    SECRET: 0
    PASS:
    そうなんです。でもマッサージしてもらう=分泌がよくなる、という図式が日本ではできて上がってますよね^^; 最近では産婦さん自信が自信をもってセルフケアし母乳育児できるよう寄り添ってサポートしていくというスタイルが普及してきてます^ ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です