病院勤務で感じていた限界

12月31日付けで退職となり


1月には娘は1歳を迎えます虹



働き方を模索中でしたが、地域の新生児訪問や、妊産婦さんのための活動ができないかと、


一宮助産師会会長の


かん助産院 かん先生とお話をさせていただきましたクローバー


病院勤務では


分娩に関してはもちろんのこと赤ちゃん 2


お産直後からのケアや母乳管理パイパイ


外来では保健指導を通じて妊娠管理のこと


多くの学びを得ましたビックリマーク



でも、産後授乳がうまくいかなくて困っているママさん


不安が強いママさん


気になるママさんがいても、自分が休みをはさんで出勤すると、退院していたりえ



その後家に帰ってどうなったか


病院では産後のフォローに限界があると感じていました。



今回かん先生に


2人の出産を経た、同世代のあなただからこそ産後のお母さんたちの役に立てることがあるわよ


と言葉をかけていただきましたきらきら




是非、病院退院されたその後のママさんと赤ちゃんのフォローをしていきたいビックリマーク


地域のママさんのお宅へ出向き産後のリアルな声を聞きたいビックリマーク


そう思いました。



4月から訪問をさせていただくよう準備していきたいと思いますDASH!



Follow me!

この記事をシェアしたい!と思ったらポチリ

講座・イベント情報、レッスンのご案内の配信や、母乳ケアのご予約にもご利用いただけます。

※LINEでのご相談はご遠慮ください。

MAIL

お返事が遅れる場合がございますので
お急ぎの場合はLINEからご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です