おっぱいホルモンの話

オキシトシンというおっぱいが出るときに必要なホルモンについてのお話しです虹


オキシトシン


今、とっても注目されているホルモンなんですチューリップ赤


なぜならおっぱい以外の良い作用が沢山あることが分かってきたからなんです


おっぱいにおけるオキシトシンの働きは



クローバー赤ちゃんが吸った刺激で分泌されるとおっぱいをピューッとだす


クローバープロラクチンというおっぱいを作るホルモンの分泌を促進する


クローバーママの消化・吸収を促進する


クローバーママの血圧とストレスホルモンをさげる


クローバーママに安らぎを感じさせる


クローバーママが愛情や絆に積極的になる



といったものがあり別名愛情ホルモンとか絆ホルモンと呼ばれているんです


授乳中のあの幸福感はホルモンのなせる技だったんですね

私はいつも授乳のことを【幸せおっぱいタイム】と呼んでいましたチュー

おっぱい以外にも作用があって


クローバー排卵や射精を促す

クローバー陣痛をおこさせる


クローバー他者とのかかわりをスムーズにする(絆形成を促す)

→これは今後アスペルガー治療として開発をおこなうため注目されています


クローバー栄養を吸収し、体重を増加させる


クローバーストレスを和らげる



オキシトシンって生物にとって、生殖と社会行動になくてはならないホルモンなんですビックリマーク 

しかし、ストレスがかかるとオキシトシンの分泌が抑えられてしまいます


なのでおっぱいが出なくなってしまうのです。


ストレスは大敵ですねドクロ


心と体はつながっています。

寝不足や体力不足、体の不調からストレスになる場合もあります。

赤ちゃんのお世話で自分の事は後回しになってしまいがちショボーン

でも少しでも自分に目を向ける時間、自分を癒す時間も大切にしてほしいです

周りの家族(とくにパートナーのかた‼️)ママさんの癒し時間の協力をよろしくお願いしますDASH!DASH!









Follow me!

この記事をシェアしたい!と思ったらポチリ

講座・イベント情報、レッスンのご案内の配信や、母乳ケアのご予約にもご利用いただけます。

※LINEでのご相談はご遠慮ください。

MAIL

お返事が遅れる場合がございますので
お急ぎの場合はLINEからご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です