産後ケアは贅沢品ではありません

産後に特化した一宮市地域助産師×産後セルフケアインストラクターの今川涼子(プロフィールはこちら)です。

看護師・助産師というお仕事の中で出産に携わってきたのに・・・
自分が出産してみて初めて知ったのです。
産後の体と心の状態の現実を。
体が自分のものじゃないみたい。
疲労感がつきまとい、回復やケアの方法もわからない。
おっぱいの痛み、あかちゃんのぐずり、寝不足、外にでられない。
我慢の連続。
赤ちゃんはかわいい…なのになんでこんなに気持ちが沈むの…って。
そんな気持ちになるなんて、
自分がおかしいと思っていました。
でも今は違います。
訪問助産師として、病院勤務の時では出会えなかった産後の女性と多くかかわるようになって確信しています。
自分はおかしくなかった。
同じように思っている人は少なくない!!
赤ちゃんを産んだらその後のフォローは、赤ちゃんにすりかわってしまいますよね、妊娠中まで手厚かった周りの制度や人々の目はすべて赤ちゃんに向き、産後の女性が回復するための場所も機会も制度もないのが母子保健の現状。(あってもおしゃべり広場のようなママ友トークできるような場)
産後ケアは、産後うつの人が受けるための特別なものでも、贅沢品でもなく必要なものなのです。

妊娠期間、トツキトオカかけて出産って体もものすごい変化を起こしています。

筋肉、体力が落ちます。

骨盤が緩んで歪みやすくなっています。

寝不足と日々の育児の緊張で気づいたらガッチガチのボッロボロ。(気づいていない人もいます。)

これに加えて母乳のトラブルを抱えている方もいます。

誰も教えてくれなかったけど産後っていうこんなに辛いの、、とあまりのギャップに愕然とする方も多いですね。

私自身も、仕事がない毎日って超しあわせやん!と浮かれていた過去の自分を抹消したいくらい、現実は厳しかった…と自分の甘さにげんなりした過去の経験あり。
仕事こそないけれど、今までマイペースにこなしてきたアレコレが何1つマイペースにできないという環境を初めて経験して、決してお休みしているわけではないと痛感したのです。

それを、歯を食いしばって頑張りなはれ!という根性論はもう古すぎる。

しっかりと、産後は体のリハビリをして体力を取り戻し、体を整えていくこと。それがこれからの母としての人生の土台となります。

産後ケア教室は、体のリハビリだけではなく、コミュニケーションワークを通して自分のこれからのビジョンを見据えたり、ママトークではない大人のコミュニケーションをすることで社会復帰に意欲的になれたり、外とのつながりを持つきっかけとなったり、レッスンを卒業しても自分の体をコントロールできるスキルを身に着けることができるという、効果が多岐にわたることも特徴です。

産後は想像と全く違う状況で、歯を食いしばって頑張った末に、産後鬱や乳児虐待、夫婦の不和といった事も社会問題となっています。

この社会問題を解決するには、赤ちゃんが泣いたらその場を離れて深呼吸しましょうとか、つらい気持ちを誰かに聞いてもらいましょうとか、そんなレベルではなく、産後女性のケアをすることが一番の近道です。

産後、仕事していない、お給料をもらっていないから贅沢できないという話をよく聞きます。

ですが、産後のダメージをケアすることは決して贅沢ではないのです。

人生が変わるほどの変化の時期に、しっかりとケアしてあげることには一生豊かにするかどうかというくらい価値ある事。

育児が始まると、子どもを見ながら家事や身の回りのことを行わなければいけないですよね。

だから産後間もない時期に受けるこのプログラムの中で、”子どもの世話をしながら、自分自身のケアも大切にする。”という感覚を体得するのは、非常に貴重な経験になるはず!

image

▲エクササイズはバランスボールを使用した有酸素運動。とっても気持ちよく体を動かせます。

image

▲オムツを変えたり、授乳をしたりしながらプログラムに取り組める環境です。

子どもを産んだら、子どもの世話しかしてはいけないと思っている人が多すぎる現実があります。

自分の体のケアなんて考えるのは母親失格だとすら思っている人も。

子どもの世話をしながら自分のケアもしていいと、むしろ母親自身をケアしなければ育児などできないのだと、そのような社会が当たり前になるようにみんなで産後文化を変えていきましょう!!

マドレボニータの産後ケア教室では、赤ちゃん連れで取り組むことができる、産後に特化した教室。

教室の内容は、東大卒業後、東大大学院で運動生理学を専攻した創業者である吉岡マコが、産後ケアに特化したリハビリプログラムとして自身の出産後に開発したものです。

受講者の満足度が非常に高い教室です。

20年の歴史あり産後ケアのパイオニアです。
現在全国60か所で開講しています。

image

私自身も第1子の産後にこの教室で取り組んだことで人生が大きく変わりました。今では、独身の頃より体力気力に満ちた豊かな毎日を送ることができています。

赤ちゃんを産んだことで制限も増えるけれど、赤ちゃんを産んでこそ自分をアップデートできるチャンスになります!!

出張助産院 Maapallo  スマホ電話はこちら
出生直後から卒乳まで。
おっぱいの悩み、トラブルはご相談ください。
 【助産師が伺います】出張母乳ケア>>詳しくはこちら<<

車 訪問可能エリア・・・一宮市 周辺市も場所によっては訪問可なのでご相談ください。

image
image

Follow me!

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です