私がやりたいこと、夫が望むことはなにか

こんにちはクローバー
一宮市地域助産師の今川涼子です。
マドレボニータの「ボールエクササイズ指導士」を目指して頑張っています。

2/20(月)
助産師による赤ちゃん定期健診  クリック
(まだまだ、ママ&赤ちゃん募集中!)

もいよいよ来週に控え、アイリーさんや仲間の助産師と打ち合わせしたり
卒乳断乳のお話会の資料つくり、新生児訪問も行きつつ

5月からの養成コースを受けるためのエントリーの準備をせっせとしている状況ですDASH!

どんな準備をしているかというと、、、
☆エントリー課題の練習 (バランスボールとアイソレーション)
☆パートナーとの共有(養成コースへの自分の思いと内容の理解)
☆保育環境の整備(一日6時間、週5日は最低必要)

このなかで、意外にも不安要素は実はパートナーとの共有だったりする・・・びっくり(最近、悶々としている)

このパートナーとの共有という部分は養成コースエントリーの必須条件。
(何より産後ケア教室でもパートナーとの共有の大切さを提唱してます。この部分は自分自身も救われ、マドレに惹かれた大きな要素でもある。)

エントリーの時点で、養成チームから、本当にパートナーと共有できているかかなり重点的に確認もはいるとのこと。

さすがですっ!

という訳で、今のうちに、丁寧に不安要素を払拭しておかなければいけません!!

朝、早くにでてって、遅くに帰ってくる夫。

対、寝かし付け後はなるべく自分の時間が確保したい私。(寝落ち率高すぎだけどっ)
そして、まだまだ夜、何回も起きる娘!

物理的に時間がないってこともあり、なかなか最近は腹割って深~~い話をすることができないでいます。。。(年末の大げんかの時はめちゃめちゃ語ったけど・・・原因は別件です)

今の共有状況は
・マドレのボールエクササイズ指導士を目指している事は知っている。
 

・地域助産師としてのビジョンも聞いてくれている(応援もしている)
 
・養成コースにはいったら、半年みっちり保育環境つくって集中することになる。
2歳の娘を幼稚園の未就園児クラスにいれることは、ネガティブには受け止めていない。
子どもなりに、新しい世界が開けることに期待をしている。

・どれだけ費用がかかるかも知っていて了承している

 そんな状況で、私の中で不安要素はというと・・・

●夫の帰宅後の時間の過ごし方について

養成コースにはいると、なんせ課題が膨大で課題に追われることは噂で覚悟をしてますあせる
でも、寝かしつけ終わってやっとこさ、自分時間というときに夫が帰宅。
今でも、食事の準備、片付け、洗濯たたみ、翌日の準備などしていると23:30という状況。

この合間にでも、PCに向かっていたり自分のことに集中していると、面白くなさそうな顔をしている気がする真顔 この辺は思い込みもあるかもしれない・・・
ここに一番フラストレーションを感じている。

応援してくれてるならこの貴重な時間、集中させてよって。これが心の声。

本音はね、ほっといてほしい! 集中させて! 勝手に食べて勝手に片づけて!
さらに、だらだらしてないでとっとと風呂入って寝なはれ!

なんと私ったら、自分勝手なんでしょうね滝汗
家族あっての私のお仕事や養成コースだし
これでは産後ケアを届けたい自分が、パートナーと関係を悪化させてまで養成コースをうけるってのもおかしい話。

ここは、お互い落としどころをつけるまで話す必要あり!

ブログ書いてるときに、話しかけられたり
アイソレーション練習してるときにチャチャ入れられるのが嫌。
私の方もこれでは集中できない!

私が夫の帰宅後に1人時間に集中したいという思い、そのために何をやって欲しいか
養成コース入るにあたって、不安に思っていることをそのまま伝える必要があると思う。

 

私が必至で体つくりしたり、勉強しているのは見ているから
あとはきちんと言葉で伝えなければ!
そして、
夫の思いも聞いて、本当に私がPCに向かっていたり携帯触っていたりするのを、不快におもってるのか
帰宅後の時間をどのように過ごしたいのか
準備されてる夕食をたべて、片付けまでしてくれるのか!?

 

 
そんなことを近々、時間をとって話そう。

 

思考を整理、やるべき課題がみえてきた!!
 
 
{6F4794B3-1770-4489-A7F8-D54EB131CC21}
これは昨日薬膳教室にいったときのお写真。
久々の韓国料理おいしすぎたドキドキ

Follow me!

この記事をシェアしたい!と思ったらポチリ

講座・イベント情報、レッスンのご案内の配信や、母乳ケアのご予約にもご利用いただけます。

※LINEでのご相談はご遠慮ください。

MAIL

お返事が遅れる場合がございますので
お急ぎの場合はLINEからご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です