小さく生んで大きく育てるは嘘?

低出生体重児の出生割合が増加の一途をたどっています注意

これは、極端なやせ願望の女性が多い・過度な妊娠期の体重制限が原因と言われています目

{2EA6CC4E-49B9-452C-B8E9-944DEA030F2B:01}

小さいとお産も楽チュー

赤ちゃんが大きい骨盤も開くえー

などの情報が先行しているような気がしますあせる

よく「小さく産んで、大きく育てる」

といいますが、

胎児からの栄養状態が生まれてから大人になるまで影響するのです!!


胎児プログラミング説

です。

胎児のうちに低栄養状態で、小さく生まれてから小児期の体重増加が大きいほど生活習慣病のリスクが高くなることがわかっているのですガーン

胎児のうちの低栄養は、栄養が少なくても成長できるよう倹約型の体になり肥満になりやすくなる。

結果、生活習慣病のリスクが高まるゲッソリ

ということ。

いちご妊娠前の無理なダイエットをしないこと

いちご妊娠中のバランスのよい食事をとり、適切な体重増加

が必要ですひらめき電球

体重増加ばかり注目しがちですが、低栄養でのリスクもあるのですビックリマーク 

妊娠中から育児がはじまっているんですねDASH!

{A7F2E649-332E-495A-B409-6BCBE94A5CC6:01}

妊娠中から体にいいものを摂る習慣は、産後の授乳中の食事習慣にいい影響を与えます。

そして子供のよい食事習慣にもつながっていきますウインク

Follow me!

この記事をシェアしたい!と思ったらポチリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です