子育ては道楽じゃない

こんばんはクローバー
一宮市地域助産師&
NPO法人マドレボニータ准認定ボールエクササイズ指導士養成コース2期生
の今川涼子です。

 

昨日のつづきです。

 

小島慶子さんの著書

『女たちの武装解除」 光文社(2012)

 

{A5E75EB5-04DE-4F20-B221-8C4BD43F0B31}

 

 

 

の感想。

もう一つ紹介したいところ!

 

 

P100 主婦は、気楽じゃない。子育ては、道楽じゃない。

 

「気楽」「道楽」 どちらも「楽」がついてますが、、楽ししい時はあっても楽(らく)じゃねーよ!?

これ言われたら、非常に心外ですよね。

 

子どもだって、赤ちゃんだって、りっぱな1人の人間であり、

他者なんです。

子育てって、他者と向き合う最も切実な場である(P100抜粋 )と小島さんはいっています。

 

いろんな涙を落としながら、いくつもの闇と光を見たよね。何一つ思い通りにならないけれど(P100 抜粋)とも。

 

ご飯が作りたい夕飯時。

足元で泣いている1歳児。

「ちょっとまっててね。こっちは火がかかってるから危ないよあせる

そこへ「遊ぼよ~」と3歳児。

「今、ご飯つくっとるってば~~」

それでもまとわりつく3歳児。

 

「だから、ご飯作っとるっちゅーのーーームキー

と怒りが沸々・・・。

 

ハッと我にかえる。

 

ごめんよ。遊びたいって母を求めただけなのに。なにも悪いことしてないのに。

 

この子は手の込んだご飯を食べたいんじゃない。

私と遊びたいだけ。

ご飯作りをあきらめ、納豆ご飯で夕食を済ませた。

 

 

こんなことだってある。

 

家にいながらも、他の事なんかできない。

ごっこ遊びが苦手な私は、子供の遊びすら苦に感じる時もある位だ。

子育てって楽じゃない。

 

 

本から、小島さんが紹介してくれた詩があったのでシェアします。

(P103、3行~抜粋)

 

ニュージーランドのお母さんの書いた『今日』という詩があります。赤ちゃんの手一杯の毎日。汚れ物は溜まる一方で、掃除も行き届かない。傍から見ていたら「だらしない。今日一日何していたの?」と言われてしまうだろうな。私は今日も一生懸命子供におっぱいをやって、一緒に遊んで、寝かしつけたけど、そんなこと分かってもらえないのかもしれない。と落ち込むお母さん。だけど、最後に彼女はこういいます。

 

ほんとうにいったい一日何をしていたのかな。/たいしたことはしなかったね、たぶん、それはほんと/でもこう考えればいいんじゃない?

今日一日、わたしは、澄んだ目をした、髪のふわふわな、この子のために/すごく大切な事をしていたんだって。/そしてもし、そっちのほうが本当なら/私はちゃーんとやってたわけだ。(伊藤比呂美訳)

 

 

いろいろと自分を試されてるな~と感じる育児。

自分自身が、目に見える仕事量で評価しちゃうと辛いだけになっちゃう。

 

こんなにもやれていない。

一日なんにもやっていない。

 

なんて思わなくていい。

 

他者と(澄んだ目をして、容赦なく求めてくるかわいいこの子)に100%向き合うことが一番エネルギーを使うんだから。

 

 

星産後のバランスボール教室体験会星

赤10/19(木)一宮市妙興寺  10:30~11:30

満席です。キャンセル待ち受付中

 

星産後のバランスボール教室@一宮、岐阜、桑名 星

\ 11月から開講!!/  

赤開催教室情報!!コチラ!

 

○ぴ10月体験会詳細こちらクリック

○ぴバランスボールの効果こちらクリック

○ぴ9月体験会の様子→1回目2回目

○ぴプロフィールこちらをクリック

 

Follow me!

この記事をシェアしたい!と思ったらポチリ

講座・イベント情報、レッスンのご案内の配信や、母乳ケアのご予約にもご利用いただけます。

※LINEでのご相談はご遠慮ください。

MAIL

お返事が遅れる場合がございますので
お急ぎの場合はLINEからご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です