産院退院のその後

赤ちゃんを出産してすぐに育児がはじまりますDASH!

自分の体もまだまだ本調子じゃないうえに、授乳間隔がまだまだ短い赤ちゃんの授乳やオムツ替えに追われます

そして、あわただしくいろんな指導があってたった4~5日で退院

とっても不安ですよね。

初産でも経産でもどっちでも不安だとおもいます。

2週間健診や1ヶ月健診でママさん達のお話をきくと

一番みなさんが不安に思っているのが、母乳が足りているということでした。

入院中は赤ちゃんの体重を母乳がどれだけ飲めているかはかっていたのに、退院後は赤ちゃんの様子から判断しなければなりません。

よく泣く赤ちゃんやちょこちょこ飲みの赤ちゃの場合、ママさんはとても不安になりますよね台風

入院期間中に指導された通りの方法で毎回頑張ってるママさん。

まだミルクを足している状態で退院になると、どのタイミングでミルクを減らしていくの⁈という状況だとおもいます。

赤ちゃんが泣いていても、先にオムツを替えて、手をあらって、クッションとりにいって、授乳してという一連のステップを変えられないなんてことも


赤ちゃんがお腹が満たされて落ち着いてからオムツでも大丈夫ビックリマーク

授乳クッションじゃなくても、雑誌や空き箱を足の踏み台にして高さ調節する方法もありますニコニコ



母乳がたりていないんじゃないか


という不安は実は母乳が足りてないのではない場合が多いのです!!

よくなく赤ちゃん
眠りがちな赤ちゃん  など

赤ちゃんによって気質がちがいます。よく泣く赤ちゃんのママさんは母乳が足りてないんじゃないかという不安に陥る方が多いですしょぼん


いちご赤ちゃんが母乳を十分に飲めているサインいちご

⚫︎1日に8回以上母乳を飲んでいる
⚫︎おっぱいを飲み始めると、ちゅーごくん、ちゅーごくんがゆっくりになり、飲み込む音がきこえる
⚫︎元気に手足をうごかしている
⚫︎機嫌のよい時間がある
⚫︎1日に薄い色のおしっこが6~8回以上ぬれている
⚫︎1日に3~8回のうんちをする
⚫︎授乳後におっぱいがやわらかくなる



これに当てはまっていることは大切です。

当てはまっていない場合はおっぱいが足りていない可能性があるのでお産した産院か、市の新生児訪問など利用して体重チェックをしたほうがいいと思います注意

赤ちゃんには成長の波があって、ちょうど生まれて2~3週間に成長のスパートが来ると言われています。

このころはいつも空腹な様子だったり、おっぱいを離さなくなることもありますが、そういう時期だと思って安心して授乳回数を増やしてくださいねアップ

不安な気持ちは母乳不足感になりやすいし、レンタルで赤ちゃん用の体重計もあるので利用するのもありだと思いますOK

私は息子の時出生体重が2500gと小さめで、吸いつく力も弱くて不安でした。

なのでベビー用品レンタルで体重計を3週間借りました。

おっぱいが軌道にのりだせば必要なくなりましたが、安心して育児ができたのでよかったです音譜

Follow me!

この記事をシェアしたい!と思ったらポチリ

講座・イベント情報、レッスンのご案内の配信や、母乳ケアのご予約にもご利用いただけます。

※LINEでのご相談はご遠慮ください。

MAIL

お返事が遅れる場合がございますので
お急ぎの場合はLINEからご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

今日の晩御飯

次の記事

妊娠中の体重管理