うまく育児できない自分を認められない

こんにちはクローバー
一宮市地域助産師&
NPO法人マドレボニータ准認定ボールエクササイズ指導士養成コース2期生
の今川涼子です。

今日も金曜恒例の産後ケア教室のアシスタント研修いってきました。

そのあとの振り返りランチでのこと。

自分達のリードについて一通り振り返り反省したあとの雑談で、

同じくボール指導士養成コース生の奈美ちゃんの初めての育児の話になり、、思い出して涙する場面が。

奈美ちゃんは、今でこそ3児の母で段取りがよくて、余裕があって、キャパも広いんだけど無理しないいい感じの抜け感もある女性。

しかし初めての産後。

当時は相当苦しかったよう。

完璧主義で、今まで努力でなんでも思い通りにやってきたのに、努力しても思い通りにいかない育児。

ガチガチの育児で、人にやり指摘されるのも辛い。

みんなができてる育児が、自分だけがうまくいかないという焦り。

そして、それを認めたくないというプライドがあったそう。

それを脱したのは、

辛いとい思いを吐露できたのがきっかけ。

義母にずばっと言われたときに、思い通りにいかないのが辛いと言ったんだそう。

それが肩の力をぬくことにつながったんですね。

これ、肩の力抜いちゃいなよーっていってもすぐできるもんじゃないと思う。 

なんでもできちゃうスーパーウーマンに見えても、こうした葛藤を乗り越えた過去があるのです。

「うまくできないことが辛いんです」と言えた奈美ちゃんを想像するして涙が出そうになった。

つくづく。

産後っていろいろな葛藤や試練をがやって来る時期だなぁ。

だからこそ、人間的に成長できるときでもあるのだ!と思う。

 

星産後のバランスボール教室体験会星

\募集中/

丸レッド10/15(日)一宮市篭屋   9:30~10:30→残1組

丸レッド10/19(木)一宮市妙興寺  10:30~11:30→残3組

 

10月体験会詳細→こちらクリック

バランスボールの効果→こちらクリック

Follow me!

この記事をシェアしたい!と思ったらポチリ

講座・イベント情報、レッスンのご案内の配信や、母乳ケアのご予約にもご利用いただけます。

※LINEでのご相談はご遠慮ください。

MAIL

お返事が遅れる場合がございますので
お急ぎの場合はLINEからご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です