お母さんじゃないと・・・だめ。は本当?

こんばんはクローバー
一宮市地域助産師&
NPO法人マドレボニータ准認定ボールエクササイズ指導士養成コース2期生
の今川涼子です。

 
 
弟の子供が生まれたので、お祝いにいってきました。  
今回は里帰りせずに、うちの母が通って上の子の送迎や赤ちゃんのお風呂、食事の段取りをするシステムを採用してるとのこと。
 
 
弟が、この出産きっかけに!
今回初めての上の子の寝かしつけ担当することになったらしく、、、、
 
 
相手は相当なお母ちゃん大好きっこのツワモノ滝汗滝汗
 
生まれた数日後、まだEちゃん(弟の奥さん)と赤ちゃんは、産科入院中のころ。お祝いの電話をかけると、バックヤードから上の子の泣き声が。。。
 
「お母さんに、会いたくて会いたくて毎晩泣きながら寝ていくんやわぁ」って。
弟も戸惑いつつ2人きりの夜を過ごしているらしい。
 
 
「あれから、けんちゃんどう??」
今日、弟にきいてみると
あれからすぐ、平気になったらしく
 
「もう寝かしつけ余裕やで」
 
と一皮お剥けなったご様子ニヤリ
 
 
お産入院のとき、初めての母子が離れることになるというパターンはよく聞くし、お産そのものより一番の不安なポイントが上の子が大丈夫か!?ということだったりするんたけど。
 
案外、大丈夫なんですよね~。
 
 
お母さんしかだめだから、という
母自身がもってしまうしがらみとか、
父や祖父母など周りの思い込み
そして、その雰囲気を察してどんどんそっち方面に向かうおこちゃま。
 
 
 
だめなんかじゃない。
こうして1つ乗り切って、弟もけんちゃんも一皮むけました照れ
 
 
▼いとこが増えて喜ぶうちの子たち
{B86967A3-9892-4612-B6C0-C67058ECD25E}
産褥期の養生の大切さを弟に熱弁して
かえってきました~虹  がんばれ!!

Follow me!

この記事をシェアしたい!と思ったらポチリ

講座・イベント情報、レッスンのご案内の配信や、母乳ケアのご予約にもご利用いただけます。

※LINEでのご相談はご遠慮ください。

MAIL

お返事が遅れる場合がございますので
お急ぎの場合はLINEからご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です