産後うつ未満

こんにちはクローバー
一宮市地域助産師&
NPO法人マドレボニータ准認定ボールエクササイズ指導士養成コース2期生
の今川涼子です。
 
NPO法人マドレボニータでは、産後ケア教室や産後のバランスボール教室の展開だけではなく、研究事業というものがあるんです。
 
 
産前産後に関する、調査・分析をおこない、実態や問題解決のためのアプローチを具体的にまとめ発信キラキラしています。
先日、読売新聞でも取り上げられた
「産後のうつ的症状と日常生活に関するアンケート」調査について。
 
 

『産後うつ未満』

これは、受診には至らないけど産後うつに似た症状が出ている状態を独自に名づけています。

調査結果で明らかになったこと、産後うつとこの産後うつ未満を合わせると、全体の約8割にも上るという事なのです。

 

8割です!!

 

 

でもこの実態調査だけで終わらないのが、さすがのマドレ研究事業ポイント。

 

アンケートの質問のなかの「回復のきっかけ」から分析し、産後うつ未満への必要なアプローチがまとめられています。

 

 

必見!!

産後うつ未満の人に必要なアプローチとは!?

 

○産前の知識と準備・・・産んだらゴール的な考え、母性愛の美談、夫婦の絆が深まる美談 そんなイメージに支配されている事もギャップに苦しむ要因として大きいですよね。

 

○体の回復・・・妊娠期からの過度な安静、産後体を動かす機会がない、そもそも不安定になるのはホルモンのせいだと納得しようとするのです。

 

○コミュニケーションの充実・・・大人の会話不足、自分の事を話す機会がなくなる、この現実をしょうがないと受け止めてしまうんですよね。。

 

○仲間づくり・・・ただ、育児談義するお友達のことではなく。委ねる、委ねられる関係 自分の事を語れるコミュニティが必要!!

 

 

産後のバランスボール教室は

ただ、子連れで弾んで楽しむという趣旨ではなく、

 

筋力・持久力・瞬発力をUPし、体力的に余裕を持てるようになるばかりか、

教室でであった仲間と赤ちゃんをお互い見合いっこしたり

託児を通して委ねることを練習できたり(練習が必要!)、育児以外の会話ができなくなったあせるなんてことにならないよう、いろいろな話がざっくばらんにできる。

 

 

こんな場を作っていけたらなぁと思います。

 

▼これがマドレストアからでている産後うつ未満の調査を特集しているマドレジャーナル33号

 

{F8530C65-11F0-46FD-B877-F62F41358D46}

 

 

 

購入はこちらからできます→マドレストア

Follow me!

この記事をシェアしたい!と思ったらポチリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です