甘えちゃん、でお困りのママさんいますか?絵本の紹介です。

こんにちはクローバー

一宮市地域助産師の今川涼子です。

 
 
幼稚園の春休みが終わるおわったというのに、半日がつづきます。
訪問はお休み中です。
金曜の午後は図書館で過ごしました。
 
その時、素敵な絵本発見したので紹介しますラブ
 
 
 
この本。
 

{53BE83B7-7393-4445-8517-2ADBDA67FAE7}

「ずっとママと一緒がいいの!」
 
抱っこばかりで袋から出ようとしないベビルー。ママは抱っこも重くなってしんどいし、外の素晴らし世界を知ってほしいといろんな働きかけをすんです。だけど、ベビルーはママのポケットからでようとしません。
 
外の世界なんかよりママがいいの。
でもある日突然、袋から飛び出して離れていく日がやってきたのです。
 
要約するとこんな話。
 
 
十分に母さんに甘えて甘えて、自立していく様子なんだけど、子供にも大人にもジーンさせる絶妙な絵と物語。
ママの早く外の世界にいってほしいという思いから、もうそんなときが来たのねという嬉しさとさみしさが入り混じった思いまでの変化や、
ベビルーの依存から自立への変化が描かれていて、
私たち親にも、子供たちにも双方それぞれに響くものがある絵本でしたウインク
 
 
 
私からくっつき虫のように離れない子供。
なんで、お友達と遊ばないの
なんで、1人遊びしないの?
 
 
この子の社会性大丈夫?
 
 
みんな1人で遊んでるのに。
お友達とも遊んでるのに。
って、みんなじゃないのに、
うち以外みんなそう見えるっていう被害者意識真顔
 
 
私もよく、よくそう思った。
 
 
卒乳目指してるんだけど、子供があまりにも離れなくてイライラしたり、2歳になるのにおっぱいから離れる気配なくて心配してる人もたーくさんいますよね。
 
 
 
その子その子にによって自立のタイミングは様々。
自分の安心できる基地(母)を確認してこその自立だから甘え期間がなければ自立はやってこない。
 
 
と、わかっててもイライラしちゃいますけどねあせる
 
 
 
でもベビルーみたいに、急にお友達と外の世界が楽しくなって離れていってしまう様をみると
私自身、今を大切にしようって思えましたクローバー
 
 
 
なかなか自分のやりたいこととか出きなかったり家事が進まなかったり、お返事メールもまともに打てなかったりすると、イライラすることもあるんだけど。
 
一緒にいる時間はなるべく向き合って、
子供にそとの世界も働きかけながら、求めてきたらしっかり甘えさせてあげること。
大切にしたいと再確認しました。
 
 
 
そして、子供預けている時間で、しっかり自分のことに集中していこうと思います!
ここも、大事ラブ
今日も幼稚園半日なので
午後は子供たちとなにしてすごそうかな。キリオでもいこうかしら。
 
午前中に集中してマドレボニータの養成コースエントリーもできたし、なんだかすがすがしい気持ちです。
無事養成コース生としてスタートラインにたてるか、、、ウォッチしてみてくださいチュー
 

Follow me!

この記事をシェアしたい!と思ったらポチリ

講座・イベント情報、レッスンのご案内の配信や、母乳ケアのご予約にもご利用いただけます。

※LINEでのご相談はご遠慮ください。

MAIL

お返事が遅れる場合がございますので
お急ぎの場合はLINEからご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です