新年度の始まりにやっておきたいこと

新年度

こんにちは!

出張助産師の今川です。

新年度始まりましたね。

こうしてブログに向き合うのは久しぶり。

この春から、下の娘が小学生になり二人で7時半に登校していくので仕事まえの少しの時間を取れるようになります。

新年度が始まり、とっ散らかった頭を整理しつつ、やりたいことを宣言する意味も込めて息子たちを見送り書き始めました。

 

皆さんは、どんな新年度を迎えていますか?

 

春といえば、何かしら変化があるので周りでも部署移動や職場復帰、初めてのお子様の入園などがあったり、子供たちは新しい先生に新しいクラス!と言うことで

ソワソワしている様子を周りからひしひし感じてます。

SNSも入園・入学の投稿賑わってますね♡

うちの小3の息子は、新しい先生やクラスがとにかく楽しみにでしょうがないらしく、朝から「ドキドキワクワクしてる〜〜」と物凄い笑顔で朝ごはん頬張って学校へ行きました(笑)

新たな環境の変化って、緊張やストレスも伴うと思うけれど、それにワクワクできるって素敵だなぁって。

私自身、全く逆で・・新しい環境にグイグイ入っていくのが苦手と言うこともあり・・我が子ながらに「すげーやん!」と関心しました。

フリーランスなので、大きな環境の変化はないのですがね><

子供たちの新しい環境をサポートしたり、新たに契約する仕事くらいかな。

しかし、慣れは禁物。

新年度スタートを新たな区切として、心あたらにスタートを切りたいと思います!!

目次

仕事からプライベートまで今年度のやりたいことです。

出張母乳ケア

ありがたいことに、依頼がどんどん増えてきて、3月までは自分ではお受けしきれないことが多々ありました。

信頼する助産師仲間を紹介してフォローさせていただいたりしていましたが、今年度からは時間ももう少し確保できそうなので、

なるべく、ご依頼いただいた方は出張できるように調整していきたい!!という思いです。

 

とともに、母乳に超絶悩んでいる間は、この開業助産師のことを知らなくて、もっと早く知りたかった><と言う方にもよくお会いするので、周知してもらえるような活動も頑張っていかないと。と思っています。

 

授乳の悩みと一言で言っても、その内容は多岐に渡りますよね。

おっぱいを吸ってくれない、吸われると痛い、おっぱいを嫌がる、乳首がきれた!、白い点が取れない、しこりができた、熱が出てきた、

卒乳をどうしたらいいか分からない、などなど・・

これらの悩みに、出張ケアでは、寄り添い相談やケアを行っていきます。

 

お一人お一人とのコミュニケーションも私の楽しみのなどで一つです^^ 

色々な方と1対1でお話しする機会になるので、寝かしつけのコツや授乳以外の育児の話で盛り上がることもあれば、

仕事や趣味や・・もう本当いろんな話してます。

今年もたくさんの出会いが待っているだろうなぁとワクワクしています。

 

▶︎助産師の出張母乳ケア

 

マドレボニータの産後ケア教室とオンライン4回コース

産後ケア一宮教室

去年は、新型コロナウイルスの流行により戸惑いながら、休講することも多く制限された開催となりました。

今年度は、引き続き感染対策しっかり行いながら、休みなく続けていくことが目標です。

産後の体のケアは必須です。

体が辛いまま、「産後」の状態をひきずっていることで、引き起こされる不調があります。

頑張りや母性、根性だけで「子育て」するのではなく、産後は自分のケアをしよう!と言う文化を作っていきたいのです。

肩こりや腰痛が自分でケアでき、体型や体力が戻ってくると、「心の状態」が安定し、「夫婦関係」「快適な子育て」「仕事復帰」にもスムーズにつながっていくのです。

私自身、42歳になる今でも仕事に趣味に子育てに、元気位いっぱい過ごせているのは、間違いなくマドレボニータの産後ケアを産後に受けたからだと思っています。

 

マドレボニータの産後ケアは、一宮市では対面のレッスンも5月から再開していきます!5月は満席ですが6月コースの受付がスタートしています。

▶︎マドレボニータ産後ケア一宮教室

 

オンラインでもレッスンを行っているので、全国どこからでも受けていただくことができます。

また、日体大とのコラボでアンケート調査による研究を行っています。テーマは「コロナ禍におけるパートナーシップ」。

このアンケート調査にご協力いただいた方は受講料全額補助となります!!

是非、このチャンスに乗っかってください><

 

▶︎産後のセルフケア講座「オンライン4回コース」

 

で、長くなるんですが、

プライベートでの誓いもここで宣言させてください。

 

子供たちへの声かけ

 

昨年、コーチングを受けて考え直したことがたくさんあります。

お恥ずかしい限りなのですが・・・

教室でも、一人一人の尊厳を守るなんて言っている割には、子供への声かけが全然伴っていないこと・・2020年半ばまでめて見ぬふりしていたんです。(懺悔・・)

具体的に言うと、色々なことの時間が足りなさすぎて「早くして」「これをやりなさい」「あれをやりなさい」

とにかく忙しいが故に、タスクを効率的にこなすことが優先されてしまっていて、

これでは子供は考える機会を与えられていないし、指示待ち人間になってしまう・・と気付きました。

それで、自分で色々気づいてやってみるものの、うまくいかなくて、ちょっとした未来への投資だと思って、コーチングセッションを受けることにしました。

 

すると、一言一言子供たちに声をかける時に、ワンクッション「この子たちの姿がどうなって欲しいか」描けるようになって。

今この瞬間にこれをさせたい!と言う私の欲望を抑え込むことに成功しました(笑)

 

なので、私自身もイライラすることもかなり減って、子供たちもニコニコしています。

部屋もガミガミ怒っていた時より片付いているし、自分の読書もできちゃったり、そんな暇ないし!と言うのが覆りました。

これを引き続き取り入れていきたいな〜と思います。

 

なんと言ってもダンス

 

40歳になる年から初心者で始めたダンス。ハマりにハマっています。

もっと上手くなりたい!と上手い人の動画とか見ていると、あっという間に朝方・・とかなってしまうほど、

追求心もくすぐられてしまいますが、体と表情で音楽にのって表現する気持ちよさは格別です!

これがまたステージになると、衣装や照明も加わって芸術になります。

おばさんからのダンス

本当にたまりません。

去年はぎっくり腰を2回やってしまったし、膝も痛む時もあって、不安要素もありますが、セルフメンテナンス、時には外部のメンテナンスも頼りつつ体調管理して、もっと上手くなりたい!

習い始めた頃は、正直まだ毎週よるレッスンに出かける時に夫に任せるのに「申し訳ない気持ち」を持っていた私ですが、

最近は「よろしく!」と手放して、心から任せられるようになりました。

 

子供たちの成長もあって「ダンス頑張って!いってらっしゃい!」と見送ってもらえるようになりました。

子供たちとお父さんと寝る日になっていて、夫もまんざらでもなさそう。

変わらず私のダンスには興味なさそうですが・・涙 

あ、でもちょっと前にテレビに出ていたダンスしている75歳の女性がめちゃくちゃ若々してくて「涼ちゃん、ダンス続けやぁ」なんていってました(笑) 調子がいいですね。

 

去年からは同じ先生のクラスに娘も通い出し、親子でダンスできるようになりました。

親子共通の趣味で年頃になってもコミュニケーションがとっていけたらいいな♡と言う反抗期に備える企みもありますので、

とにかく健康に続けられるように頑張りたいと思います!!

 

さて、

皆さんは、どんな気持ちでスタートを切っていますか?

育休中とか、赤ちゃんとの二人の生活こそ時間を区切ることが必要だと思っていて、

学びたいこと、行きたいところ、読みたいもの、

たくさんセーブしている方もいると思います。

私も夫への協力を後ろめたさなしに求めるのにも、年単位かかっているかなり「呪縛」のしつこいタイプですが、

「あれしたい・これしたい」の諦めない精神は持ち合わせています笑 

 

完全に自分のことを後回しにするのではなく、少しでも時間をくぎって

育児ちゅでも、やりたいことに取り組めるように環境を整えることができますように。

 

東陽住建助成の助産師無料相談

健康スポーツ整体煌での交流会なども

開催していますので、どなたでも喋りにきてください!!

ブログはなかなかかけていないのでInstagramでは開催する教室はイベント、母乳の情報を発信していますので、是非フォローしてくださいね⭐︎

 

 

今年もたくさんの出会いを楽しみにしています^^

 

 

 

写真クリックで詳細へ 出張範囲:愛知県一宮市と近隣市
写真クリックで詳細へ 対面教室7月~再開!!
産後のセルフケアオンライン4回コース
写真クリックで詳細へ 募集中★
一宮市市民活動団体・さんSUN♡すまいる主催 現在オンラインで行っています。

 

Follow me!

この記事をシェアしたい!と思ったらポチリ