母だからこうあるべきは疑ってみるべき

産後に特化した一宮市地域助産師×産後セルフケアインストラクターの今川涼子(プロフィールはこちら)です。

クローバー助産師がうかがいます一宮市内(近隣市)

1対1のトークケアの予約もこちらからしていただけます。

友だち追加

トークからメッセージください。

産後ケア教室2-3月コース始まりました!

産後プンプンしちゃうからくりとは

今日から4回コースが始まりました!

1回目のレッスンはエクササイズももちろん、来週からのシェアリングに向けて色んな仕掛けを含んだワークで(決して怪しくないよw)、自分自身にフォーカスしていきます。

この1週目のワークの後に産後に陥りやすい「プンプンおばさん」(というキャラがありまして)になぜなってしまうのか…という話もついてきます。

夫に、あるいは母親に、あるいは上の子に瞬間湯沸かしのごとくイライラしちゃうのは産後ならではのからくりがあるのです。

そのからくりの全貌を知らないと、

うっかり自分を責めてしまうことになる。

世の中の母は(妻は)もっと夫を大事にして優しくしてあげてるのに、私は全然できてへん…とかね。責めてしまう。

それってなぜかっていうと、そっこらへんに「小手先の対策」がありふれているから。まずはそれが悪い。

誰でもできるテクニック!、まずはやってみましょう!的にいろんな雑誌とかで見かけるじゃないですかね。

元凶はあれですよね。

例えばです。

・夫をうまく扱うためにまずは褒めてあげましょう→こどもかよ!
・掌でうまく転がしてあげましょう→転がしたくないし!
もっと最悪なんは、
・期待するのをやめましょう→これは対策ではないよね。
・愚痴を吐いてスッキリしちゃえ!→余計ムカついてきそうやわ!

ツッコみどころ満載すぎる。。。
これって、なんの解決にもなんない小手先の対策。

子供の世話が大変な小さいころを過ぎたって、夫婦が急に仲良く戻れるわけがないので、どのような夫婦関係になっていくかは想像つきます。

それに、女が一歩下がって夫のご機嫌をとってうまく転がすのがいい女なようなその表現がたまらなく嫌です!!!キィーーーー!(すみません。。おもわず感情があらわにw)

世の中の母は化粧もおしゃれもばっちりで、その上家のインテリアの素敵でそのうえ料理とかも凝ってるの作ってる!それに比べて私ったら…とかね

おっぱいがでるんやから完母でいくのが普通とかね

ママ友作らないと子供がかわいそうとかね

良き妻たるもの、愚痴をこぼさず亭主の世話をするとかね→昭和か

世の中にあふれている、良き母の価値観って「はぁ?」と言いたくなるものばかり。自分が母になるまではそんなもんかと思っていた私だけど、今となっては見過ごせない。こんなことで、人とくらべながらたくさんの方が悩んだり苦しんだり。。

冷静に考えて、これみなさん、いい母、いい女の条件として当たり前だと思います??

もしくは、これらは自分がありたい姿?

意外に転がっている一般的な価値観は、疑ってみると「普通じゃないやん!」と突っ込みたくなるものもあるし、普通がなにかと決める必要もないやんって思います。

それは、本人があるいは夫婦のことやったら、夫婦の価値観をつくっていけばいい!そう思います。

なぜ、体を鍛えるの?

マドレボニータの産後ケア教室を開発した、吉岡マコ代表は一番土台となるものは「体」であると説いています。

たっくさん自己啓発本にもまず体を鍛えましょうなんて書いてないけど

まず土台の体が整っていないことには、思いやりも、根性も、母性も

発揮でない…ってことでまずは体を整えていく。

産後ってのは、まだ体が妊娠・出産のダメージを受けつつ赤ちゃんのお世話をするために体を酷使し手首を痛め、肩もガチガチで、寝不足で、行きたいときにトイレも行けなくて、お風呂もゆっくり入れなくて、温かいご飯にもありつけない…そんな時期。

精神論では乗り切れない状況だというのは、言われてみれば「そうやわ」となりますよね。

ってことで、前半はみっちり、有酸素運動でしっかり体をうごかしました!

バランスボールの揺れは、赤ちゃんの腸の動きも活発にしてくれ排便もよくなったり、こうして寝かしつけにツールにもなります。

もちろん、エクササイズもできます。

ダンスミュージックにのって、みんなで体を動かしながら弱っている部分をリカバリーしていきたいと思います。

産後ケア教室体験してみたい~という方!

来週25日の2週目レッスンなら来ていただけます。

お申込みはこちら

そして、4月コースも申し込み開始しておりますよ~~!!!

 
出張助産院 まーぱろの母乳ケア  スマホ電話はこちら
出生直後から卒乳まで。
おっぱいの悩み、トラブルはご相談ください。

 車 訪問可能エリア・・・一宮市 

4週間の産後のリハビリ集中プログラム・マドレボニータ『産後ケア教室 』
一宮・篭屋教室:Hana Punahele(一宮市篭屋3-8-3)

12:30~14:30 火曜日開催 

\募集中/
2・3月コース (2/18、2/25、3/3、3/10)
4月コース(4/7、4/14、4/21、4/28)

 

産後の女性が赤ちゃんと一緒に心と体のリハビリができる教室です

産後のバランスボール教室  ボールエクササイズのみの1時間レッスンです。
篭屋教室▶︎Hana Punaele(篭屋3丁目8-2) 不定期開催
日程未定
>> 教室詳細 <<     >>お申し込み<<
 
 

Follow me!

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です