夫が喜んだ話 胎児がつなげる夫婦

産後に特化した一宮市地域助産師×産後セルフケアインストラクターの今川涼子(プロフィールはこちら)です。

クローバー助産師がうかがいます一宮市内(近隣市)

1対1のトークケアの予約もこちらからしていただけます。

友だち追加

トークからメッセージください。

最近読んだ本のご紹介。

胎児のはなし (ミシマ社、2019)

これは、産婦人科医で長崎大学名誉教授の増崎英明先生と、インタビュアーのサイショーこと、、最相葉月氏の対談形式。まだまだ謎に包まれた神秘的な胎児の話や、これまでの胎児よ解明の歴史、最先端の生殖医療や遺伝子診断まで、出産にまつわるリアルな医療現場の話もたくさん盛り込まれた一冊となってます。

その中で、一つ心に残ったロマンチックな話があって。。

妊娠中の母親の血液から赤ちゃんのDNAが検出されるので、最近、母親の採血で赤ちゃんの病気や性別がわかるという遺伝子検査がありますよね。

それを発見した時、医師たちはロマンチックなもう一つの気づきがあったそうな。

それは、母親の血液中に胎児のDNAということは、半分は父親ということ。

これです。

もともとは赤の他人である夫婦だけども、夫のDNAは妻の血液にたしかに存在していて、、いるにもかかわらず、拒絶反応が出ることもないっていう不思議さ。

この生物的なつながりが、個体にどんな影響を及ぼすかはまだまだベールの中。

胎児を介して、他人である父と母はつながると、、、結構衝撃的です。

これって、結構ロマンチックですよねー!というテンションでこの著書の中で先生が盛り上がっていたので、夫にこの話を教えてあげることにしましたw

すると、

「ロマンチックやーーん!」

と、同じ反応!(こっちは、ロマンチックという言葉は使ってないですよ⁈ドンピシャこの表現つかったw

この父親遺伝子が母親の体内に入るという生物学的なつながりにロマンを感じるらしいです。

ご機嫌でなにより笑

 
出張助産院 まーぱろの母乳ケア  スマホ電話はこちら
出生直後から卒乳まで。
おっぱいの悩み、トラブルはご相談ください。

 車 訪問可能エリア・・・一宮市 

4週間の産後のリハビリ集中プログラム・マドレボニータ『産後ケア教室 』
一宮・篭屋教室:Hana Punahele(一宮市篭屋3-8-3)

12:30~14:30 火曜日開催 

\募集中/
2・3月コース (2/18、2/25、3/3、3/10)
4月コース(4/7、4/14、4/21、4/28)

 

産後の女性が赤ちゃんと一緒に心と体のリハビリができる教室です

産後のバランスボール教室  ボールエクササイズのみの1時間レッスンです。
篭屋教室▶︎Hana Punaele(篭屋3丁目8-2) 不定期開催
日程未定
>> 教室詳細 <<     >>お申し込み<<
 
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です