離乳食の悩みは知識不足から

産後に特化した一宮市地域助産師×産後セルフケアインストラクターの今川涼子(プロフィールはこちら)です。

クローバー助産師がうかがいます一宮市内(近隣市)

1対1のトークケアの予約もこちらからしていただけます。

友だち追加

トークからメッセージください。

離乳食悩み

離乳食に奮闘していたあの頃。

長男の時は、同じころ出産した小倉ゆうこりんのブログをよく覗いては、落ち込んだものでした。

かわいい食器に、完璧な盛り付け(離乳食なのにオサレ感半端ない!)
若いころのゆうこりんのイメージを大きく裏切る完璧な感じなの。

それに比べ…うちのと言ったら、100均様の食器に盛り付けてみるものの、今一決まらずw(決して100均が悪いのではない!絶対的に私の残念なセンスの問題です)

わが子のお腹の空き具合でタイミングが悪いと、ぐずるので写真を撮る余裕もないし、

気づくと、おかずとおかゆが混ざったぐちゃぐちゃご飯になっている…。

そして、ご飯いらなーい!と反り繰り返って、泣き出し…おっぱいで機嫌を取る作戦へ。落ち着いたら、残りのご飯を半裸であげるっていうね。。オサレとは程遠い離乳食生活でした。(もう、必死よ!)

しかも、その時の心境ってめっちゃ孤独なのよね!!

赤ちゃんと一対一で向き合うあの時間って。

自分が作ったものが、子供の中に入るという緊張感もあるし、成長にかかわるという責任感ものしかかってくるし、人はうまくやっているように見えるし涙

でもね、今思うと

こちらが食べさせたい、とか、もう何か月だから・・とかではなく、

赤ちゃん主体で考えたときに、適切なやり方だったのか…と疑問に思うことはたくさんあって、無駄に悩んでたなとも思う。

すべては知識不足からです。はい。。

巷にも調理法やレシピ、離乳食の進め方のノウハウばかりがありふれているからなんだけど、一番大切なのは赤ちゃんの様子を見ながら。

これを教えてくれるところがまだまだ少ないです。

そこで! 3月17日に、一宮市市民活動団体さんsun♡すまいる主催で赤ちゃんの成長発達と絡めた離乳食が学べる育児寺子屋を開催します☆

年に1度さんSUN♡すまいるで開催している母の学びの場である「育児寺子屋」は今年3回目となります。

私たち助産師スタッフがみなさまに伝えたいこと、一緒に学びたいことを毎回テーマにしております。

是非是非、一緒に学びませんか?

詳細はこちらです▶ https://ameblo.jp/yuimaaru8672/entry-12566334930.html?frm_src=thumb_module

 
出張助産院 まーぱろの母乳ケア  スマホ電話はこちら
出生直後から卒乳まで。
おっぱいの悩み、トラブルはご相談ください。

 車 訪問可能エリア・・・一宮市 

4週間の産後のリハビリ集中プログラム・マドレボニータ『産後ケア教室 』
一宮・篭屋教室:Hana Punahele(一宮市篭屋3-8-3)

12:30~14:30 火曜日開催 

\募集中/
2・3月コース (2/18、2/25、3/3、3/10)
4月コース(4/7、4/14、4/21、4/28)

 

産後の女性が赤ちゃんと一緒に心と体のリハビリができる教室です

産後のバランスボール教室  ボールエクササイズのみの1時間レッスンです。
篭屋教室▶︎Hana Punaele(篭屋3丁目8-2) 不定期開催
日程未定
>> 教室詳細 <<     >>お申し込み<<
 
 

Follow me!

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です