産後4年で両親学級参加してきました

産後に特化した一宮市地域助産師×産後セルフケアインストラクターの今川涼子(プロフィールはこちら)です。

クローバー助産師がうかがいます一宮市内(近隣市)

1対1のトークケアの予約もこちらからしていただけます。

友だち追加

トークからメッセージください。

産後のリアルな体の状態を力説中。

日曜日に開催した『産院では聞けない両親学級』の話です。

私は主催ではあるのだけど、講師は岐阜からきてくださった山本裕子産後セルフケアインストラクターなので、がっつり参加者目線を味わってきました。

夫と一緒に参加したいと思い続けて4年w(ながっ)
私なりに試行錯誤し、浮き沈みを繰り返しながら(沈んだ時はかなり深いけどね…)夫婦関係をあきらめたくないともがいてきた4年でした。

あきらめることの方が簡単な人もいますよね。
でも・・私はしつこいタイプなんです(笑)

良くも悪くもあきらめきれない。

夫は休みも少ない、帰りも遅い、、そんな中で、子供たちの学校の事、習い事の事、今何が流行っている? どんなことができるようになった? 
「どーせしらんやろっ」と意地悪な声掛けしかできない落ちている時期は、もういっそ期待しないほうがいいんやろか…とも考えた。

けれど、一時的に夫を無視とかして(こらこら)、いるうちに、家のなかの色んな事、夫にとって他人ごとになってしまいかけるたびに「やっぱ、いややーーーーーーーっ」と爆発する。

そんなんの繰り返しでした(涙)

ほんとは妊娠中から受講して、産後もいっかい夫婦で受けるくらいがおすすめ!!

今回は、両親学級で私たち夫婦の産後の振り返りがしたかったのと、
これからのビジョンを二人で見据えたかったこと、そして、私はこういうお仕事してんのよ!、こういう事を、発信して毎日奮闘してんのよ!ってことを知ってほしかったというのも大きい。

最近、また激しめの喧嘩が続いていたので(真夜中に飛び出し眼鏡飛ばす事件ww)、一時は本当に連れて行けるのかという状態だったけど、なんとか連れていけるとことまで成功したのですー。

是非、上の開催記事も読んでほしいんだけど
講座では男性にとっては、わりとショッキングな内容も含まれてるんですよね。

女性と男性の出産後の愛情度の変化とか…男性と女性の愛情度って、これほどかけ離れていく現実があるのね(お察しのとおり、女性は急降下していくというもの)という、夫婦のギャップ。
多分、そんな考えたこともない彼らにとっては、結構うぅっとくるものなのでは?と思います。
資料は、男性にも訴えやす用にグラフとかで視覚的にバチコーンとくるやつですし。

女性の代弁者となって、講師のひろりんが、産後の危機についてわかりやすく説明している中、「ほれ、これでわかたっかーーー!」と、隣の夫をいちいちチラ見するわけだけど、憎らしほどポーカーフェイスを決め込んでいる…(汗)
表情からは何を考えているのか、よ…よみとれない。

それから、夫婦の対話のワーク。やはり、察するではなく、言葉が必要ですよねってことです。

プライドの高い夫が、この対話のワークを人前で一緒にやれるのか??なんて一人で不安になっていたりして、
なんとなく心配していたこの時間でした。
実際、子供たちのお迎えのリミットがありワークの前に夫が抜けて迎えにいくという段取りだったから、残念だけどワークはできないと思っていたけれど、まさかの最後までフル参加。(夫の意思で!)

これは、その前の講義での内容が響いたからか??
それとも、産後まっただなかにいる女性の涙をみて?
それともそれ見て、自分の産後を思い出して泣いているワシをみて?w

なんて思いながら、ぶじ最後まで受講して、両親学級を終えました。

参加者さんの赤ちゃんを抱っこしていると、産後真っ只中の夫婦のようね!

その夜は、夫の提案で岐阜の池田温泉にご飯&温泉にいったんだけど、車の中は両親学級の振り返り。
しかも行きも帰りもその話題で、話を振ってくるのは夫。

あ、結構心に残ったんだなと感じました。
その話題の内容は、そんなに産後辛い思いしてたんだねとか、すまなかったとかそんなことではなくて、(なんせプライドが高いもので)

主催側へのアドバイス的な、このデータ出すんやったら、これと比較したほうがいいよとか、
講座の終わりは、改めてどういう夫婦でいたいという原点回帰(クロージング)で締めたらどう?
悪露の話はわかりやすかったねーなどなど

少々上から目線ですがww 

この講座の必要性を感じてくれて、これから涼ちゃんがんばってなというエールだということなのかなと思います。(一宮によそから来てくれたんやもんなぁとつぶやいていたのはこの影響か?)

この講座からまだ、心は温まったまま今のところ持続している私です。
朝の繁忙タイムの夫との殺伐とした空気が、今だいぶ和らいでいるところです。
両親学級すごい!

今後は定期的に、今度からは私が東陽住建さんで両親学級を開催していく予定です。今度は4・5月あたりかと思います。

また決まり次第告知していきますね!!

以上、両親学級参加レポでした。

 
出張助産院 まーぱろの母乳ケア  スマホ電話はこちら
出生直後から卒乳まで。
おっぱいの悩み、トラブルはご相談ください。

 車 訪問可能エリア・・・一宮市 

4週間の産後のリハビリ集中プログラム・マドレボニータ『産後ケア教室 』
一宮・篭屋教室:Hana Punahele(一宮市篭屋3-8-3)

12:30~14:30 火曜日開催 

\募集中/
1月コース (1/7、1/14、1/21、1/28)
2月コース (2/18、2/25、3/3、3/10)
 

産後の女性が赤ちゃんと一緒に心と体のリハビリができる教室です

産後のバランスボール教室  ボールエクササイズのみの1時間レッスンです。
篭屋教室▶︎Hana Punaele(篭屋3丁目8-2) 不定期開催
日程未定
>> 教室詳細 <<     >>お申し込み<<
 
 

Follow me!

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です