帝王切開の振り返りの会での光景「心と涙の関止め解放!」

産後に特化した一宮市地域助産師×産後セルフケアインストラクターの今川涼子(プロフィールはこちら)です。

 

 

金曜日はさんSUN♡すまいる5月のイベントで「帝王切開の振り返り会」を開催しました。

 

メンバーの助産師あっこちゃんの強い強い思いがありまして、

 

開催にいたったわけですが、

 

私自身も、みんなが振り返りの場を持つことで前に進んでいけるように。。。という上から目線は一切なくて

 

医療従事者、しかも帝王切開の経験がなしの私です。

 

たくさん、患者さんは見てきているけども、「大変だよね~ 分かる分かる~」なんて口が裂けても言えない。

ただ、その時の皆さんの思いを聞かせてほしい。

 

そんな思いで私もスタッフとして入りました。

 

私は、託児要員として隣の部屋にいましたが、このお一人ずつの振り返りを聞かせていただきながら、

 

込み上げる思いがいろいろありまして、

 

当日はしゃべる機会がなかったのでww

 

ここで、思う存分アウトプットできたらと思います。

 

 

 

振り返り会は、お一人ずつ思う存分言葉にしてもらうというスタイルでした。

 

経過を思い出しながら、その時どんな気持ちになったという事も、

 

話していくうちに、みなさん当時の思いや情景がよみがえって来るようでした。

 

涙も流す場面も。。(気の利くあっこちゃん、泣いて上等!と振り返りの前にテーブルの真ん中におもむろにティッシュ箱をどどーんと準備。しかも高級ティッシュ!ファインプレー!)

 

涙を流したご本人も、あれ、もう気にしてなかったと思ってたのに

 

まだこだわってたのかも・・なんてビックリした場面でもあったかもしれない。

 

 

それぞれほんと怒涛のストーリーがあって、(医療スタッフは想像しきれないホント様々なこと)

 

様々な感情が渦まいて、それはうねりを帯びるほど。

 

そんなうねった感情に蓋をして抑えてたら、

 

それはそれは

どっかでしわ寄せくるよね><

 

と思わざるをえません・・・。

 

私たちって、知らず知らずのうちに感情に蓋をすることが日常化してしまってるってことだと思います。

 

それはね帝王切開とか限らずにですが。

 

 

 

 

「お母さんになったから、私が弱音はいたらダメよね」

「強くいなくちゃ!!」

「赤ちゃんの命が助かったんだからと思うしかない」→でもこれ他人に、気安く赤ちゃんの命が助かったんだからいいじゃないの。と言われれば言われるほどモヤつきますよね。

 

こんな風に、自分を奮い立たせて、負の感情を封印してしまうんですよねショボーン

 

帝王切開になって、

 

悔しかった

 

こんな対応がモヤモヤした

 

なんで私が、

 

私の体が悪い?

 

そんな感情も

ただ感情をなかったことにしないで、認めてあげるということ。

 

私ってこう気持ちだったよね。

 

思う存分、アウトプットすることが前進するきっかけになると思う。

 

今回、いろいろなお話をきいて、医療従事者として恥ずかしい・・悲しい・・という対応もありました。

 

改善しなければならない事もみえてきました。

たとえば

帝王切開にならないようにという目的で産前教育があるので、みなさんのゴールが自然に分娩すること

になってるんですよね。

 

だから、自然分娩できなかった時の喪失感がものすごいのだと。

 

なので、産前教育は帝王切開にならないために・・ではなく、「帝王切開になった場合は」という産前教室が必要ではないか・・という事だったり

 

緊急の帝王切開なんて全然めずらしいものでもなくて、一定数必ずあるはずなんだから

 

バースプランも、自然分娩だけではなくて、帝王切開Ver.が必要だというお話も大いにうなづけました。

 

看護師・助産師側は、検温やナースコールの時のみの訪室でいかにその患者さんの事をわかっているつもりになっているか・・・

 

訪室でみるお顔はほんの一部に過ぎないってことをよーくよーく肝に銘じておかなきゃならないと思う。

 

術後の辛さ、トイレまで距離や、電気のスイッチの位置問題、スリッパ届かない事件 などなど、細かく起きている色々な事実をもっと知るべきだよな・・。

 

帝王切開に関しては、日本人独特な文化もあって、

 

「苦労の美徳」 苦労せんとあかん!って、せんでええ苦労はしたないわいと思うし、

 

「陣痛神話」・「母性神話」 お腹を痛めてうんでこそ母性が・・的な(んな、あほなことあるかいっ)もしくは、赤ちゃんが強くならないとかなんとか。帝王切開で楽に埋めてよかったとかほざいてみたり・・ もう、はぁ~~~~とため息でます。

 

そういうことを、デリカシーになく言っちゃ人が実際いるのですから。(非常に残念です)

 

だから、私たちが思っている以上になんとなく引け目を感じている方が多いのです。

 

帝王切開だって立派なお産。

 

もしモヤモヤしている人いるとしたら、

そう心の底から思える所まで、トコトン自分の気持ちをだしきってほしい。

 

と思います。

 

今回、さんSUN♡すまいるのメンバーで進行役をつとめてくれたのは、助産師あっここと栢下あっこちゃんでしたクローバー
あっこちゃんのブログはこちら→https://ameblo.jp/yuimaaru8672/entry-12465404651.html
 

 

マドレボニータの産後ケア教室も

自分の本音つながって、自分の内面と向き合って、対話して、アウトプットする

 

という事を段階をおってやっていきます。

 

4週のうちに、どんどん自分らしさを取り戻すことができていく産後のリハビリプログラム。

 

ただの運動教室でな無いのですよ~~~。

 

育児や夫を大事にする前に、自分をケアして大事にしていきましょハート

 

 
出張助産院 まーぱろの母乳ケア  スマホ電話はこちら
出生直後から卒乳まで。
おっぱいの悩み、トラブルはご相談ください。

 

車 訪問可能エリア・・・一宮市 周辺市も場所によっては訪問可なのでご相談ください。

 

 

4週間の集中プログラム・マドレボニータ『産後ケア教室 』
一宮・篭屋教室▶︎フラダンススタジオ Hana Punahele(一宮市篭屋3-8-2)

12:30~14:30 水曜日開催 
 
6月コース(6/5、6/12、6/19、6/19、6/26)→満員御礼
7月コース(7/3、7/10、7/17、7/24)
→受付開始しました!→残2

 

\辛い産後の心と体に革命を起こします/

 

産後のバランスボール教室  ボールエクササイズのみの1時間レッスンです。
桑名教室▶︎ふわり助産院(桑名市五反田587-1) 毎月第2金曜日定期開催

 6/14(金) 7/12(金)  10:30~11:30 
>> 教室詳細 <<     >>お申し込み<<
 
🔴相互託児★バランスボールエクササイズ
7/23(月) 10:30〜12:30  
東洋住建 (一宮市森本2丁目12-2)
同伴可能な生後210日以降のお子様は参加者同士でキッズルームで見合ってエクササイズを行います。

お申し込みフォーム

 

★★Forrow me★★

Instagram助産師・訪問母乳ケア

Instagramマドレボニータ☆産後のケア

プロフィールページ

 “出張助産院Maapallo(まーぱろ)”のLINE@

教室やイベント情報をお届けしますので、下記のリンクから友だち追加を。

1対1のトークケアの予約もこちらからしていただけます。

友だち追加

 

 

 

image
 
image

Follow me!

Pocket
LINEで送る