アタリマエなことは本当にアタリマエ?

産後に特化した一宮市地域助産師×産後セルフケアインストラクターの今川涼子(プロフィールはこちら)です。

image

 

▲「さかだちぎつね」 槇 ひろし:作、前川欣三:画 

福音館書店
 
 

最近図書館で借りた絵本です。

 

30年前の絵本なんですけど、、すごく先進的でした虹ハート

 

 

あらすじをいうと、、、

 

 

男の子がさかだちしたキツネをみつけるところから始まります。

 

何度も遭遇するんだけど、いつも逆立ちしているきつねたち。

 

ある日、男の子がきつねたちに「普通じゃないよ。なんで逆立ちしてるの?」と声をかけると、

 

きつねは「俺たちから見るとお前が逆さまだ!」と言うのです。

 

そしてきつねが呪文を唱えると、周りのものが逆さまに、そして、今度は男の子も逆さまにされてしまう。

 

きつねは「そのうち慣れてしまうさ」と。

 

最後には景色まで逆さまになって、

 

男の子は、「このままでいいのかなぁ。本当にさかさまなのかなぁ」と、もはや自分が逆さまになっているかも分からなくなってしまって

 

おしまい。

 

というお話。

 

 

 

きつねのセリフの

 

「苦しくなんてあるものか。おれたちからみると、お前さんたちの方がさかさまだ」

 

妙な説得力がありますよね。

 

 

そう、アタリマエって結構儚い。

 

アタリマエと信じてやまなかったものが

 

ふと視点を変えてみると逆になってしまうこともあります。

 

 

私は自分が子供を産んで、育てて、仕事して、、という中で、ものの考え方や価値観が結構ガラリと変わってきたなと思っていて、、

 

世間でまかり通っている一般的な価値観に支配されがちだけど、その一般論と自分が決して同じでなくてもいいんだと思えてから相当楽になるがたくさんある。

 

 

例えば、

 

母乳神話

 

三歳児神話

 

母性神話

 

などなど、、、悩みがちな三大神話ね真顔

 

決して、それが全てじゃない。

 

叶わなかった時に、方向転換するフレキシブルさも必要だし、そもそもアタリマエなんかないってこと。

 

この絵本が子供達に伝えてくれているように、

 

子供に物事を柔軟に受け止め力、自分で選択していける力を、身につけて欲しいと思うなぁ。

 

ってこの本、とっても先進的ーと思って紹介してみました♡

 

と、ここで講演会の告知です(いきなりすみません!)

 

マドレボニータの代表である

 

吉岡マコ先生をお呼びして講演会を行います!

 

image

4/12(金)  大名古屋ビルヂング  15:00~

 

「僕たち/私たちの新しいアタリマエ〜これからのはたらく・生きるとダイバーシティ〜」

 

 

*****

 

「男だから、女だから、30代だから、40代だから、50代だから…」家庭にも、働く場にも、そして個人の中にも、こんな「こうあるべき」が蔓延しています。

 

「こうあるべき」の代わりに「こうしたい」を軸に、自分の働き方や生き方を考えたら、もっともっとワクワクすると思いませんか?

 

本イベントにスピーカーとしてお迎えする認定NPO法人マドレボニータ・吉岡マコ代表は、今から21年前に「産後ケア」という当時では耳慣れない分野で起業しました。25歳、乳飲み子を持つひとり親、アルバイトで生計を立てていた当時の最初のステップは本当に小さな一歩だったと言います。

 

そのヒストリーを伺うと、社会の当たり前を疑うことの連続であったことがよくわかります。

 

性別もセクシュアリティも問わず、老いも若きも、自分の本来もてる力を発揮して、いきいきと働き・暮らせる社会の実現のために、私達一人ひとりがどんなことをしていけるか、一緒に考える時間にしたいと思います。

 
*******
 
 
こちら、定員30名募集で、続々とお申込みを頂いております!
 
私も運営スタッフとしてはいります。
 
スタッフですが、講演会の内容にワクワクしてます!!
 

●開催日時● 

2019年4月12日(金)

第一部:講演会 15:00~17:00   

第二部:懇親会 17:15~18:15

 

●場所●  

Open Innovation Biotope“Cue”

名古屋市中村区名駅3-28-12 大名古屋ビルヂング14F

 

●対象●  

興味がある方 (年齢・性別問いません)

多様性を生かしたこれからの働き方に関心のある方。

新しい働き方の可能性を考えたい方。

育休中の方。

マドレボニータの活動や吉岡マコの講演会に興味のある方etc.

 

●参加費●

第一部:講演会 3,000円(経費を差し引いた分を、マドレ基金に寄付させていてだきます)

第二部:懇親会 1,000円

  

●定員● 30名

 

お子様の同伴について:

生後210日まで(2018年9月14日以降に生まれた)のお子様は同伴可能です。一歳前後のお子様の同伴が必要になる方のために、別会場(徒歩10分)で託児スペースをご用意しておりますので、ご希望の方はご相談ください。(お子様 1,500円/人数制限あり/ 3月31日〆切)

 

キャンセルについて:

懇親会と託児のみ、準備の関係上、前日のキャンセルより全額ご負担いただきますこと、ご了承くださいませ。(後日お振込みとなります)

 

主 催:  マドレボニータ東海TOMOS

共 催:  株式会社オカムラ

お問合:  madre.nagoya2019@gmail.com

 

お申し込みはこちら

 

託児で申し込みの方は、お席が少ないですのでお早めにお申込みくださいね。

 

お待ちしておりますクローバークローバー

 
 
出張助産院 まーぱろの母乳ケア  スマホ電話はこちら
出生直後から卒乳まで。
おっぱいの悩み、トラブルはご相談ください。

 

車 訪問可能エリア・・・一宮市 周辺市も場所によっては訪問可なのでご相談ください。

 

4週間の集中プログラム・マドレボニータ『産後ケア教室 』
●一宮・篭屋教室▶︎フラダンススタジオ Hana Punahele(一宮市篭屋3-8-2)

12:30~14:30 水曜日開催 
4月コース (4/3、4/10、4/17、4/23)→開催中にて体験で単発参可能です
5月コース  (5/8、5/15、5/22、5/29)
6月コース  (6/5、6/12、6/19、6/19、6/26)

 

\辛い産後の心と体に革命を起こします/

 

産後のバランスボール教室  ボールエクササイズのみの1時間レッスンです。
桑名教室▶︎ふわり助産院(桑名市五反田587-1) 毎月第2金曜日定期開催

 5/10(金) 6/14(金) 10:30~11:30 
>> 教室詳細 <<     >>お申し込み<<
 
🔴相互託児★バランスボールエクササイズ
7/23(月) 10:30〜12:30  
東洋住建 (一宮市森本2丁目12-2)
同伴可能な生後210日以降のお子様は参加者同士でキッズルームで見合ってエクササイズを行います。

 

★★Forrow me★★

Instagram助産師・訪問母乳ケア

Instagramマドレボニータ☆産後のケア

プロフィールページ

 “出張助産院Maapallo(まーぱろ)”のLINE@

教室やイベント情報をお届けしますので、下記のリンクから友だち追加を。

1対1のトークケアの予約もこちらからしていただけます。

友だち追加

 

 

 

image
 
image

Follow me!

この記事をシェアしたい!と思ったらポチリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です