スペースつくり

こんばんはウインク

一宮市地域助産師

NPO法人マドレボニータ准認定ボールエクササイズ指導士養成コース2期生の今川涼子です。

 

 

養成コースが始まってから、時間的なスペースが全くない状態

幼稚園のお迎えはぎりぎり、それから眠くなっちゃう娘の相手をしつつマッハでご飯を作り、お風呂入れ、ご飯食べ、少し遊んで8時には寝る。

 

時間的余裕な一切なしのギューギューな毎日あせる

 

 

先日の、ラーニングジャーニーで精神力の土台となるものを一日として学んだ中に

自分のスペースをつくるってのがありました。

 

【FIRE~Judy Brown~】

という詩をとおして、スペースの大切さを教えて貰いました。

 

この詩は、

 

情熱の火を燃やすには、まきをくべすぎてギューギューにしてしまうと、火は消えてしまう。

火を燃やすには、まきとまきの間にスペースが必要なように、情熱の炎を燃やすにはスペースに注目すべき。

時々、まきをくべてあげればいい。

そこにスペースがあるから、燃え続けることができる。

 

 

こんな内容。

 

そこで、自分にとってのスペースとは??ってのを考える機会にもなりました。

それをみんなでシェアすると、それぞれいろんなスペースが。

投資して、足を運んで、学びにいくというのも贅沢なスペースだというのがなるほど~~~っと思いましたキラキラ

 

 

昨日は木曜日。

夫が休みの日なので、平日だけど

いつもなら、お迎えからねんねまでギューギューなところ。

少しスペースを作ってみようと、

 

蛍をみに大野極楽寺公園にいきました星

 

 

着いたときの夕暮れ空がきれいで。

 

{8F0BBA99-F38C-4493-9528-9B573B11FF37}

 

 

 

 

 

息子もきれーーーーッと。大興奮。

 

{35916019-A05A-4BE1-BFE3-BB91095811C0}

 

 

 

 

 

ゆっくり空を見るだけでも心にスペースができたように感じました。

 

そして、公園をあるきながら日が暮れるのをまって、

 

{364AC89C-4EC6-4798-8955-3853E3A69D8A}

 

いよいよ蛍鑑賞。

 

 

 

残念ながら、数えきれないぐらいの蛍~~ってわけじゃなかったけど、

4匹ぐらいかな(写真はうまく撮れずあせる

 

蛍の光を見つめて、感動して、これはタダの贅沢スペースを満喫!!

 

 

 

また私の情熱の炎が、できたスペースで燃えてくれますように。

 

 

 

Follow me!

この記事をシェアしたい!と思ったらポチリ

講座・イベント情報、レッスンのご案内の配信や、母乳ケアのご予約にもご利用いただけます。

※LINEでのご相談はご遠慮ください。

MAIL

お返事が遅れる場合がございますので
お急ぎの場合はLINEからご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です