苦手と思ってなかったのに苦手だったこと

こんにちは!!

一宮市地域助産師&

NPO法人マドレボニータ准認定ボールエクササイズ指導士養成コース 2期生の今川涼子ですクローバー

 

養成コースでリード練習の課題に取り組む中で、

どうやら、私が意識してもなかなかできないこと、

 

星オーバーなくらいの笑顔を作る事。

 

星声のトーンを変えたりリードに抑揚をつけること。

 

 

思い起こせば、それむかーしからできなかったかも。

 

小学校の時の記憶、

クラスの優等生、Eちゃんは本読みが凄く上手で国語の時間、よく抑揚がついてることを先生からもめられてたなぁ。

 

私は、つまりなく読める事に達成感を感じて、自分でうまく読めたとおもっても先生からほめて貰えない・・・

 

そんなことをふと、思い出しました(笑)

幼き記憶、鮮明に覚えてるってことは、ほめて貰えないことにさみしさを感じていたんですねチュー

 

 

笑顔もね~~ 笑った顔が、目がなくなるので記憶のある幼稚園くらいから「笑顔がいい音譜」なんて言ってくれる人もいたけど、笑顔の顔が印象が強いようで、普通の表情でも(怒っているわけじゃなくても・・・)怖い・・・といわれる(落差が、パないのね)

 

 

だから、子供にも特に下の娘に、考え事してる時とか

「おかあさん笑ってよ~~」って言われるときあります真顔どきり

 

 

リードの時にそれがもろ出ていて、体の向きを変える一瞬や少しセリフがつまりそうになると、ものすごい素(怖い顔)!!これが練習してもなかなかできない。

 

 

そうか、私笑顔苦手だったのね。

心から笑うとき以外の笑顔・・・。自然に出てこないの。

なんて、アイドルみたいな悩みつぶやいてしまいました(汗)

 

さて、そんなこと言っててもしょうがないので、

練習をします。

このタイプしている時も笑顔です。 え?気持ち悪い??

 

うふラブラブ

これがインストラクターへの最低限のスキルとおもって、表情筋鍛えていきます!!

 

 

 

あと、抑揚をつける練習にいいもの見つけたのでまた明日に。。。

Follow me!

この記事をシェアしたい!と思ったらポチリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です