産後ドゥーラってしってますか

こんばんは

一宮市 地域助産師の今川涼子ですお月様

 

今日は、産後のお友達のお家におにぎり、お惣菜を差し入れついでにおしゃべりしよーーという計画でしたが、、、

 

まさかの娘の発熱。

まじかーー(心の声)

 

入院騒動でつぶれたリベンジだったのに~

 

こうやって強くなっていくんだよね、、、とも思いつつ9月に入ってから仕事もプライベートも予定が総倒れ状態。  

母になってからの働くとは、人様に迷惑かけずには無理なんだよね。

 もとい、人様に助けてもらいながらでないと難しいという事を強く強く感じます。

 

 この迷惑をかけるという感覚が自分をくるしめる〜ガーン

コホン、、それはさておき

 

 

里帰りしていない、私の友達。

二人目出産で里帰りしないパターンはよくある話ですが、本人にとってはきっと、そうとう不安もあるはず。

私もそうでした。

 

ちょっと惣菜の差し入れや買い出しでもさせてもらえたら、と産前から頼ってね!といっていいたものの、ふたをあけたら子供の病気祭りで全然いけていないしチーン

 

ほんとごめんね友達えーん  

という思いです(涙)

 

一宮にも産後ドューラがいてくれたら・・・

 

産後ドューラってあまり聞いたことないかもしれないですね。

アメリカで発足した産後女性の日常生活をサポートする産前産後のケアの専門家(職業)です。

産後ドューラとはギリシャ語で『他の女性を支援する、経験豊かな女性』という意味です。

お仕事内容は、お家に訪問して家事(ご飯作り、掃除、洗濯)や上の子のお相手など。

日本でも産後ドューラ協会があり、そこでトレーニングをうけ、ドューラに認定されると個人事業主として各地域で活躍することができます。

 

 

働く側にとっても、自分の家事スキルや育児経験を活かしつつ、子育てしながら仕事を持つことを実現でき、

 

産後女性にとっては、ねこの手も借りたい時期に家事をしてくれる有難い存在

 

WinWin関係成立クラッカー

 

産後、まだ無理の利かない心と体の状態で無理をする女性が沢山います。

 

 

ここは、お金のかけどころ。

でもでも、妻から家事をしてもらうのにお金出ししてと言いづらいところ、


本当はそういう概念から変わってほしいですが

是非、産後ドューラという存在を男性にも知ってもらって、男性から妻に勧めてもらえるといいなぁと思います。

一宮市ではドューラはまだいません。

これから認知され増えていくことを期待しています。

{73C9D0EE-A8E8-44D5-B8B9-D755E31412D2}
餃子が一個残ってるのに注目☆
好きなものをお楽しみに取っておくという食べ方を初めてしてるのを発見。
すかさず、写真(笑)  
 

Follow me!

この記事をシェアしたい!と思ったらポチリ

講座・イベント情報、レッスンのご案内の配信や、母乳ケアのご予約にもご利用いただけます。

※LINEでのご相談はご遠慮ください。

MAIL

お返事が遅れる場合がございますので
お急ぎの場合はLINEからご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です