多胎を妊娠・出産と大仕事をおえたあとは、大変な育児が始まっていることと思います。出産もいくつかのリスクを乗り越え喜びは二倍ですが、その後の大変さは二倍以上だと思います。

多胎妊娠では、後半は管理入院になることも多く、妊娠中も適度な運動も行えないため筋力の衰えは、単胎の妊娠の場合とくらべても著しい思います。

同時に泣いちゃったらどうしよう・・

という不安が付きまとうとお出かけもままならないですよね。

外に出る機会もなく、リハビリの機会もなく、自分のことをすべて後回しにしている方も多いのではないでしょうか。

多胎児出産後の方はリハビリが必要

自分が思っている以上の筋肉の衰えは、その衰えをカバーするために体の違う部分にしわ寄せが来ます。それが肩こりや腰痛、ひざの痛みなどです)これらの痛みや体の不調は快適な育児の妨げになってしまいます。

体力・肉を取り戻し、自らの体を動かすことで身体感覚を取り戻していくこと。
そして、正しい体の使い方を知り、セルフコントロールできることで、育児の辛さが軽減でます。

受講料全額補助のシステム

認定NPO法人マドレボニータでは産後ケアバトン制度というシステムがあります、

産後ケアバトン制度は、よりサポートが必要な母たちに「産後ケア教室」の受講料を全額補助する制度です。また、教室受講にあたって、必要に応じて介助ボランティアによるサポートを受けられます。

マドレボニータは「すべての母に産後ケアを」をめざし2011年にマドレ基金を設立しました。
その基金を使った活動の一環として、ひとり親、双子や三つ子など多胎児の母、障がいのある児の母、早産児・低出生体重児の母、10代の母など、よりサポートが必要な立場にある母親たちに、『産後ケア教室』の受講料を補助する産後ケアバトン制度を設けました。

ボランティアでサポーターが一名つきます

産後ケア教室を受講した卒業生や産後支援を仕事としている方(助産師・産後ドゥーラ、べビーマッサージ講師など)の協力を得て、介助ボランティアを毎レッスンお一人、来ていただけるように手配しています。

駐車場からスタジオに入る所から介助していただいております。

ボランティアの方と、ご自身で担当の赤ちゃんを決めたら、おむつ交換も、ミルクの場合は授乳も、そして泣いたときの抱っこの対処もすべてボランティアに委ねてくださいね^^ 

人に委ねるという経験を、してもらう事も目的としております。ボランティアスタッフはバランスボールエクササイズできる喜び、赤ちゃんを抱っこできる喜びなどお得感を感じてきてくださっているので、遠慮せず委ねきってください。

注意事項

  • 条件に当てはまるか不明な方は、お問い合わせください。
  • ​制度の対象となる事由や条件は、予告なく変更となる可能性があります。ご了承ください。
  • 生後210日までのお子さまは、一緒にご参加いただけます。
  • 早産児・低出生体重児につきましては、医療機関より「修正月齢」でフォローアップを受けている場合のみ、修正月齢を適用しての210日以内のお子さまは一緒にご参加いただけます。
  • 10代の母につきましては、ご出産時に10代であれば、母ご自身のお誕生日を迎えて20歳の場合でも対象となります。ただし、お子さまが1歳の誕生日を迎える日までとなりますのでご了承ください。
  • ひとり親につきましては、戸籍上シングルでも、事実婚などパートナーがいる方は、対象外となりますのでご了承ください。
  • お子様やご自身の体調不良等でレッスンを欠席された場合は、翌月以降に振替が可能です(お席の確保料と事務手数料として振替手数料1,080円を頂戴いたします)。
  • 一度お申込みになったコース・教室を変更される場合は、お申し出の時期によって所定のスライド受講手数料を頂戴する場合がございます。
  • 当制度でのご受講は、4回コースの教室のみとなります。単発教室・講座は対象外となりますのでご了承ください。
  • 当制度での【多胎児の母】のご受講は原則として各コース一名様までとさせていただきます。場合により他のクラスや、他の月のコースをご案内させていただくこともございますのでご了承ください。
  • 当制度でのご受講は今回のご出産後初のご受講に限ります。リピート受講の際には当制度はご利用いただけません。通常のお申込みをお願いいたします。
  • 教室初日開始後に条件に該当することが判明した場合には、当制度の適用はできかねますので何卒ご承知おきください。
  • コース開始直前のお申込みですと、介助ボランティアの募集が間に合わないことがございます。できるだけ余裕を持ってお申込みくださいますよう、お願いいたします。

ご利用方法

上記「ご利用上の注意事項」をご一読いただき、産後ケア教室お申し込みフォームにて、「産後ケアバトン制度を利用する」を選択し、必要事項をご入力ください。折り返し担当講師または事務局よりご連絡させていただきます。

Pocket
LINEで送る